経営計画と、補助金の打ち合わせのため、顧問先企業を訪問して、じっくりお話ししてきました。

建設業許可を持っている会社なのですが、自社の今後の事業の方向をどうしていくのか、はっきりしていないところがありました。

一般個人向けの住宅リフォームを行うのか、特定の商品に絞って勝負していくのか、どちらがいいのだろう?と迷いがありました。

そこで、企業の強み、他社には負けないところを話し合っていった結果、後者の特定商品での事業発展を目指していくことになりました。

それを元に、今後の事業計画を作ってみると、売上げも利益も、大きく上げていくことが可能ではないか、と見えてきました。

求めているお客様に届けるには、自社がどのような会社なのかを、適切に訴える工夫が必要です。

そこを社長が理解されたら、強いです。

この会社も、これからの展開がますます楽しみになりました。

補助金の打ち合わせといっても、ほとんどの時間は、このように“強み”発見と、その強みを生かした事業展開の工夫についてのディスカッションです。

それによって、

    自社を改めて分析し、力を入れるべき所が見えてきます。

 

企業も、私も楽しい時間です。
わくわくしますね。