ブログ

相続

「死後事務委任契約」を結ぶ場合とは?

最近よく聞く「終活」の流行は、自分の終末、すなわち死をどのように迎えるか、自分自身で決めておきたい、という気持ちの現れでしょう。   そのために、「遺言」や「任意後見」の制度を使って、家族もしくは特定の身寄りの …

「行政書士 とやま青龍会」第31回勉強会のご案内~改正民法勉強会1(相続法)

今月の、行政書士自主勉強会「行政書士 とやま青龍会」の詳細です。   今年は、来る民法改正に備え、行政書士の視点からの勉強会を、継続開催していく予定です。 今回は第1回。 まず相続法から始めます。 (これもおそ …

相続に関わる税制改正

今月の「行政書士とやま青龍会」は、猿田淳子税理士を講師に、「行政書士として知っておきたい税金の話」という内容で開催いたしました。   自らが事業主として、知っておくべき情報も学びましたが、行政書士として特に重要 …

現在の法律が当てはまらない相続がある?

富山県に「行政書士 とやま青龍会」という自主勉強会があるように、石川には「21世紀の会」という勉強会があります。 その「21世紀の会」で開催された、相続についての勉強会に参加しました。   事例で出されたのは、 …

相続人全員から「相続したくない」と言われたら

結婚したこともなく、子供もいない。 相続人は きょうだい のみ、という人。   そのきょうだい全員から、「相続したくない」と言われたら、どうするでしょうか? 以下の3つの選択肢があった場合、あなたならどうします …

オーナー社長が亡くなったら、株はどうなる?

社長が全ての株を持ち、株主1人の株式会社。 家族は事業を継ぐ気はない。 そんな状況で社長が亡くなってしまったら、会社はどうなるのでしょうか? 放置しておくと、会社の経営が立ちゆかなくなるおそれがあります。 具体的に考えて …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 2018 ひばり行政書士法人 All Rights Reserved.