富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,193日!

*****

TPP関連法が成立しました。

まだ発効日が決まっていないので、いつからかとは断言できませんが、これによって身近な法律もいろいろ変わってきます。

TPP11関連法が成立 国内手続き完了、年内にも発効(日本経済新聞)

 

その中に、著作権法もあります。

TPPによって変わるところの、最も分かりやすいポイントは、

「50年→70年」

の延長でしょう。

 

著作権で守られる期間(保護期間)が、

「原則、作者の死後50年」から、「原則70年」に変更されます。

 

これによって、三島由紀夫や川端康成といった世界的作家の著作権も延長され、広く共有できる「パブリック・ドメイン」となる時期が、延びます。

少し前の記事ですが、「THE PAGE」に書かれている内容が、分かりやすいです。

TPPの著作権保護期間20年延長で「青空文庫」はどうなる?

 

この記事に書かれてあるように、「青空文庫」のように、過去の作品を無料公開することができるチャンスが、20年延びるわけです。

 

いろいろな考え方がありますが、私はこの延長には反対です。

20年延ばしたことが、文化の発展につながるとは言えないと思います。

それよりも、より多くの人に利用されたほうが、その作品が活用され、文化の発展となるのでは、という考えです。

 

 

ただ、もう70年に延びるのは決定的なので、問題は実務的な対処です。

 

過去の作品を使おうとするとき、これまで作者の死語50年たっていれば使えたのに、今後は70年たたないと使えなくなるのです。

そのチェックを怠ると、著作権侵害を起こしてしまうことにもなりかねません。

 

著作権の契約書を作るときにも、注意が必要ですね。

気をつけましょう。

 

 


*****

7月の著作権セミナーは、金沢開催です。
=============================
7月18日(水)19:00~21:00
会場:金沢市民芸術村 第1会議室
〒920-0046  石川県金沢市大和町1-1
(金沢駅から車で約10分)
http://www.artvillage.gr.jp/access/
=============================
【申込フォーム】

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342