富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,200日!

*****

公正証書遺言を作成される高齢の方。

 

朝、お宅にうかがって、ご本人と証人2人と、練習してから公証役場へ行きました。

 

公証人と面と向かって、会話が始まりました。

ご本人は、とっても緊張したご様子です。

 

最初に、遺言の内容の確認がありました。

「こういう内容の遺言を作ろうということですね?」

 

そこでご本人から出た言葉。

消え入りそうな声で、「難しいことはよく分かりません」。

 

 

こういうことは、決して珍しいことではないと思います。

公証人も、慣れているのでしょう、いろいろな会話をしながら、緊張をほぐそうとしていかれます。

そして実際に遺言の内容を読み上げられて、ご本人に確認されると、

「それでいいです。お願いします」

と確答されました。

 

そして、ご本人、証人2人が署名、押印して、一連の流れがすべて終了したとき、ご本人はホーッとした表情で、やわらかい笑顔になられました。

やはり、相当緊張されていたことが、よく分かりました。

 

 

このようなやりとりを通じて、強く知らされたこと。

遺言を作るのは、早いほうがいい。

元気なときにこそ、作っておくべきだと。

 

遺言は、自分の意思を書面にして明確に残しておくことです。

その自分の意思を、鮮明に表明できるときでないと、萎縮して本心と異なることを言ってしまったり、残せるものも残せなくなってしまったりします。

 

「遺言なんて、年取ってからでいい」

と悠長に構えていると、思いどおりの遺言が作れなくなってしまうかもしれません。

 

元気で、はっきりと意思表示できる時こそ、遺言を残す最適のタイミングです。

後からいくらでも変更は可能なのですから。


*****

7月の著作権セミナーは、金沢開催です。
=============================
7月18日(水)19:00~21:00
会場:金沢市民芸術村 第1会議室
〒920-0046  石川県金沢市大和町1-1
(金沢駅から車で約10分)
http://www.artvillage.gr.jp/access/
=============================
【申込フォーム】

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342