富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,181日!

*****

某法務局の職員と話をしていて、衝撃的なことを聞きました。

 

不動産を相続するため、登記手続きに訪れた方。

一緒についてきた人が、行政書士だったそうです。

 

そして、登記申請書類は、その行政書士が作成。

ところがその書類に不備が多い。

そこを指摘したところ、行政書士がいろいろ説明してきたそうです。

 

これは、行政書士は、やってはいけません。

司法書士の業務範囲です。

 

 

また、別の話。

建設業の許可申請書類は、県の土木センターに持っていきますが、持参した書類が不備ばかり。

いったい、この書類は誰が作ったのか聞いてみると、会社の税理士が作ったとのこと。

これは、税理士は、やってはいけません。

行政書士の業務範囲です。

 

 

このように、「○○士」といっても、それぞれ役割が、法律で決められています。

その枠を超えて業務を行うと、司法書士法違反、行政書士法違反等になります。

 

ただ、1人が持てる資格は1つとは決まっていません。

上記の人たちも、もしかしたら、それぞれ司法書士、行政書士の資格も持っていたのかもしれません。

それならよいのですが、持っていないとすると、違法行為です。

 

 

でも、一般に、「自分のやってほしいことは、誰に頼めばよいのか分からない」と感じるのが普通だと思います。

 

その場合は、信頼できる「○○士」に、その業務を依頼できるのかどうか、尋ねてみてください。

まっとうな「○○士」なら、自分の範囲を超えて業務を受けることはないはずですし、範囲外のことなら、適切な専門家を紹介してくれるはずです。

 

餅は餅屋。

本来の専門家に任せたほうが、正確かつ確実に、しかも合法的に目的を果たすことができます。

(役所の人も喜びます  ^^;)

 

皆が笑顔で業務完結できるように、役割分担していきたいものですね。

 

 


*****

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342