富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,156日!

*****

某国から技能実習生を受け入れ、介護事業者で働けるようにする仕組みを作りたい、と相談に来られました。

 

外国人技能実習生を受け入れるには、通常、「監理団体」を設立し、その監理団体を通して実習生は各事業所で働くことになります。

 

この「監理団体」になれるのは、条件が決まっています。
以下の6つです)

 

1.事業協同組合(中小企業団体)

2.公益社団法人、公益財団法人

3.商工会議所、商工会

4.農業協同組合、漁業協同組合

5.職業訓練法人

6.法務大臣が告示をもって定める監理団体

 

このうち、介護実習生を受け入れるとなると、上の2つのどちらかを選びます。

 

それぞれにメリット、デメリットがあります。

今回ご相談に来られた方は、検討の末、事業協同組合を作って進めていこう、という話になりました。

現在進行中には、公益社団法人を設立する道を選んだところもあります。

 

まず上記の法人を設立してから、監理団体の許可申請を行います。

 

それなりの時間がかかりますので、これから始める人は、注意しておいてください。

 


*****

5月の著作権セミナーは、富山県射水市・戸破コミュニティセンターでの開催です。
5/29(火)19:00-21:00
【申込フォーム】

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342