富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,209日!

*****

日本には、いくつかの株式市場があります。

東京証券取引所(東証)の1部、2部、ジャスダック(JASDAQ)、マザーズ、名古屋証券取引所(名証)、福岡証券取引所(福証)、札幌証券取引所(札証)等です。

 

特に「マザーズ」は、新興企業向けと位置づけられているため、ベンチャー企業が最初に上場を目指す市場として、よく名前が出ます。

ところが、マザーズへの上場を目指しながら、10年かかっても実現できず、断念した、という企業も少なくありません。

それだけ、“上場”は高嶺の花でした。

 

それが、平成24年、「TOKYO PRO Market」(TPM)が誕生して、状況が一変しました。

TPMも、れっきとした東証の市場であり、ここに上場することで、「東証上場企業」のステータスが手に入ります。

それなのに、上場へのハードルの高さが、全然違うのです。

 

 

マザーズには、次の形式基準があります。

・株主数 200人以上

・流通株式 25%以上

・流通株時価総額 5億円以上

・時価総額 10億円以上

・取締役会 1年以上運用

・監査証明 2期

 

これはなかなか大変な数字です。

 

これに対して、TPMの形式基準は、以下のとおりです。

・株主数 なし

・流通株式 なし

・流通株時価総額 なし

・時価総額 なし

・取締役会 なし

・監査証明 1期

 

驚きですね。

ほとんどないのです。

 

もちろん、誰でも上場できるわけではありません。

一つ一つ、準備をしていく必要はあります。

 

しかしながら、例えばマザーズへの上場を目指しながら、諸事情により断念してしまった企業にとっては、絶好の再チャレンジの場になります。

 

これまで“上場企業”になることを目指しながら、実現できず、けれどあきらめきれない、という企業様は、ぜひTPMへの上場にチャレンジしてみていただきたいと思います。

そのためのサポートは、私たちのチームが丁寧に行ってまいります。

 

※かつて上場を目指して準備していた企業、もしくは本気で上場を狙っている企業を、月に1社限定でサポートさせていただきます。
我こそはという企業様、早めにご連絡くださいませ。

 


*****

7月の著作権セミナーは、金沢開催です。
=============================
7月18日(水)19:00~21:00
会場:金沢市民芸術村 第1会議室
〒920-0046  石川県金沢市大和町1-1
(金沢駅から車で約10分)
http://www.artvillage.gr.jp/access/
=============================
【申込フォーム】

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342