富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,191日!

*****

以前、電子書籍を制作、販売する会社にいた人から、「久しぶりに会いたい」という連絡を頂き、話を聞いてきました。

以前在職されていた会社は、電子書籍業界の再編により、なくなってしまって、今は別の会社にいるそうですが、前職の関係で今でも電子書籍関連の仕事を受けているとのことでした。

 

そこで、電子書籍がなかなか普及しない現状、展望等の話をしていたのですが、その話の中で、

「売りたいものを売るのではなく、求められているものを届ける」

ことの大切さを改めて感じました。

 

現状、日本の電子書籍は、出版社が既存のコンテンツ(紙の本)を、ただ電子化して売っているだけ、というケースが多いです。

これによって、収納スペースが少なくて済んだり、どこへでも大量の本を持ち運べたり、若干安く購入できたり、というメリットが生じます。

 

しかし、それは本当に求められていることなのだろうか?と考えると、弱いな、と思います。

このメリットは、コミックなら大きな利点となります。しかし、一般書籍となると、私はどうしても「?」をつけてしまいます。

 

電子書籍ならではの付加価値を見つけないと、なかなか普及しないのではないでしょうか。

 

 

その点、最近私が業者との窓口を担当した、子育て世代向けのオーディオブックは、よくできているなと感じています。

特に小さな子どもを抱えるお母さんは、家事に追われて、落ち着いて本を読むことはなかなか大変です。

しかし、オーディオブックなら、家事をしながらでも、読む(聴く)ことができます。

 

育児書が売れない理由の一つは、ターゲットとなる主婦層が

「本を読みたくても読めない」

状況にあるからです。

 

その課題をクリアしたことが、人気が出た秘訣のようです。

 

私たちがサービスを提供するときも、このような視点はとても大切だと思います。

相手の立場に立ち、抱える課題を知り、そこに自分の強みを組み合わせて解決することができれば、喜ばれますよね。

 

意識していきたいと思います。


*****

7月の著作権セミナーは、金沢開催です。
=============================
7月18日(水)19:00~21:00
会場:金沢市民芸術村 第1会議室
〒920-0046  石川県金沢市大和町1-1
(金沢駅から車で約10分)
http://www.artvillage.gr.jp/access/
=============================
【申込フォーム】

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342