富山県射水市【ひばり行政書士事務所】の仙波芳一です。
■ストーリー作りで事業・生活を支援する「ストーリー行政書士」
■スタートアップとクリエイターを応援する「広報書士」
ご来訪ありがとうございます。

ブログ連続 1,216日!

*****

契約書のタイトルは、どうやって決めますか?

「業務委託契約書」
「著作物利用許諾契約書」
「売買契約書」
等、
「○○契約書」
という形が圧倒的に多いと思います。

しかし、相手によっては、
「○○契約書」
という題に威圧感を感じ、
「こんな怖いものに、サインしたくない」
と言う方もいらっしゃいます。

契約書は、お互いの役割を明確にし、紛争(トラブル)を予防するために、大変重要なものです。

ビジネスの場において、契約書がないというのは、考えられないほどです。

ところが、日本の商慣習では、契約書なしというケースも、ふつうにあります。

そもそも日本人は、契約書はあまり好きではないのですね。

特に、一方が事業者ではなく、一般個人の場合は、なおさら契約書に抵抗感を持たれがちです。

そんな時、どうすればよいでしょうか?

対策の一つに、【タイトルの工夫】があります。

実は、契約書のタイトルは、中身に影響しないのです。

タイトルがどうであれ、大事なのは中身なのです。

先日、当事務所で作成した「楽曲の利用許諾契約書」も、当事者の一方が事業者、もう一方が一般個人でした。

ふだん、契約書なんて交わさない人です。

そこで、タイトルに一工夫こらしました。

タイトルに、「契約書」の3文字が、入っていません。
(具体的な言葉は、お客様だけにお知らせしています)

その契約書を、弁護士にチェックしてもらったところ、
「こうやって相手のニーズを酌み取って作っているのは、よいことだと思います。これだけで、いい仕事をしていることが分かります」
とのコメントを頂きました。

(当事務所で作成する契約書は、基本的に顧問弁護士のチェックを受けています)

契約書は、紙に記されている内容は簡単に見えたとしても、そこに込められた心は深いのです。

当事務所では、お客様のご要望を適切にかなえられるよう、すべてオーダーメイドで契約書を作成いたします。

ご相談ください。

 

■契約書作成の流れ

1,ヒアリング

お客様が実現したいこと、不安なこと、相手方のことを詳しく伺い、契約書のイメージを固めます。

2,たたき台の提示

当事務所で原案を作成し、電子メール、FAX等でお客様にご確認いただきます。
来所していただき、対面でのご説明も承っています。

3,修正、仕上げ

お客様のご意見を元に、修正を加え、仕上げていきます。

4,リーガルチェック

当事務所の顧問弁護士による、法的チェックを受けます。

5,完成

リーガルチェックの結果をお客様にお伝えし、修正を加えて、完成させます。

6,納品

紙データ、電子データを、お客様のご要望に応じる形で納品いたします。
時間をとって、1条1条、中身の解説も行います(オプション)。

■料金(税別)

●基本料金

1通 30,000円
(A4用紙 2~4ページ程度)

 

●オプション
・条文個別説明 10,000円
……面談にて、1条1条、中身のご説明をいたします。

・1年保証 20,000円
……契約書は、使っていく内に、「ここはもう少し変えたほうがいいな」と思うところが出てきます。このオプションを付ければ、納品後1年間、趣旨の変わらない範囲で、何回でも修正いたします。


*****

8月の著作権セミナーは、富山開催です。
=============================
8月28日(火)18:30~20:30
会場:射水市戸破コミュニティセンター 視聴覚室
〒939-0351 富山県射水市戸破2917番地1
(あいの風とやま鉄道・小杉駅から車で約5分)
=============================
【申込フォーム】

富山県で会社設立するあなたにベストサービス!
富山会社設立センター
http://toyama-kigyou.com/

著作権・広報法務・校正・ライティング……“言葉”で支援
言葉の事務所ひばり
http://hibari-office.org/

ひばり行政書士事務所 仙波芳一
お問い合わせはここをクリックしてください。

電話 0766-54-5341
FAX  0766-54-5342