ブログ

遺言

遺言執行者は自分以外の人に依頼できます

これまで、遺言執行者は、その任務を、あくまで自分自身が行う必要がありました。 例外的に、やむをえない事情がある場合に限って、誰かに依頼できる、という決まりでした。 【現在の民法】 (遺言執行者の復任権) 第1016条 遺 …

遺言執行者の権限が明確になりました

民法1014条は、次のように改正されます。   (特定財産に関する遺言の執行) 前3条の規定は、遺言が相続財産のうち特定の財産に関する場合には、その財産についてのみ適用する。 2 遺産の分割の方法の指定として遺 …

遺言執行者に対し、相続人が妨害したらどうなる?

「遺言執行者」は、遺言の内容を実現させる人です。   ※遺言執行者についてはこちら ↓ 「遺言執行者」が、より責任ある立場になります   では、他の相続人が、遺言執行者の邪魔をしたら、どうなるのでしょ …

「遺言執行者」が、より責任ある立場になります

遺言を作成したうえで亡くなった場合、その遺言の内容は、誰が実現させるのでしょうか? 本人は亡くなってしまっているのですから、できません。 そこで、「遺言執行者」という人がいます。 「遺言執行者」は、遺言の内容のとおりに、 …

遺言の安全性が高まります

民法改正とともに、 「法務局における遺言書の保管等に関する法律」 も、このたび、国会で成立しました。 ※遺言については、次の記事もお読みください。 ↓ 遺言が(少し)書きやすくなります   この法律により、何が …

遺言が(少し)書きやすくなります

遺言には、いくつかの種類があります。 中でも一般に使われているのは、 ・自筆証書遺言 ・公正証書遺言 の2つです。   「自筆証書遺言」とは、つまり、自分で書いた遺言書です。 これは、ルールどおりに書かないと、 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 2018 ひばり行政書士事務所 All Rights Reserved.