ブログ

許認可

本気で「民泊」をやりたいなら

ちまたで「民泊」が話題です。 旅館業の許可を行政からもらうのに比べて、簡単に始められるところが魅力であるように、報道されることが多いです。   果たして、そのとおりでしょうか?   (射水市の広報にも …

介護タクシーは許可を得るだけでは営業できません

介護タクシーの営業を始めるには、 「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)」 の経営許可が必要です。   では、その許可をもらったら営業開始できるのかと言うと、そうではありません。   営業許 …

外国人技能実習生を受け入れるにはどうすれば?

某国から技能実習生を受け入れ、介護事業者で働けるようにする仕組みを作りたい、と相談に来られました。   外国人技能実習生を受け入れるには、通常、「監理団体」を設立し、その監理団体を通して実習生は各事業所で働くこ …

外国人名を登記する際のカタカナに注意

外国に住んでいる人を、日本の会社の役員として登記してほしい、という依頼がありました。 登記はもちろん、司法書士にお願いするしかないのですが、私が古物商許可等で関わっている会社でしたので、議事録の作成や、必要な資料の準備等 …

従業員が借りた物件でフィリピンパブの営業ができるのか?

繁華街で、お酒を出して接待行為を行う、いわゆる“フィリピンパブ”を出店したいという相談を受けました。 ただ、心配が一つ。 出店予定地のテナント物件は、従業員が借りている物件なのです。 事業主本人ではありません。 &nbs …

長野からの「在留資格認定証明書交付申請」依頼

新事務所が稼働し始め、早速打ち合わせが続いています。   最近は、補助金申請はもちろんのこと、毎日、外国人の方がいらっしゃって、在留資格(VISA)の認定や変更の打ち合わせをしています。 在留資格(ビザ)に限ら …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 2018 ひばり行政書士事務所 All Rights Reserved.