著作権

「著作権」について心配になったとき、何ができるでしょうか?

自分の作品を他人に使わせたり、 他人の作品を使わせてもらうとき、 「著作権」について配慮が必要なことを、ご存じでしょうか?

「著作権」とは、作った作品を独占的に守れる権利です。

作家にとっては、大切な作品を守ることができます。

利用者は、その作家の了解を得て、使うことになります。


その作品を守るとき、利用するとき、
どのようにすればよいのでしょうか。
当事務所のサポート内容をご説明いたします。

■1 著作権契約書

作品をどこまで使ってもいいのか、使う場合はどのような条件が必要なのか、合意内容を示したルールブックです。
明文化することで、合意内容がより鮮明になり、お互いの気持ちをスッキリさせられます。
契約書の作成は、トラブル予防のために、重要です。

著作権を譲渡する場合、他人に利用させる場合、著作権に配慮した契約書が必要です。
一般の契約書とは異なる部分もあり、単純に「ひな型」利用では、うまくいかないこともあります。

著作権の専門家として、ポイントを押さえた契約書を作成いたします。

■2 著作権登録

著作権自体は、登録しなくても発生します。
それなのに、なぜ登録するのでしょうか?
一つは、紛争予防です。
誰が作者なのか、ハッキリしなくなるかもしれない場合、著作者として登録しておくことによって、トラブルになるのを防ぐことができます。
また、著作権は他人に譲渡できますが、誰にいつ譲渡したのかを登録することで、二重譲渡を防ぐことができます。

登録理由の二つ目は、ブランド化です。
著作権を登録しておくことによって、著作権に配慮して活動していることが分かり、相手に安心を与えることができます。
また、作品を紹介するときに、「文化庁に登録してある」旨を表示することもできます。

■3 著作権相談

富山県唯一、北陸でも第一号の“一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)”(国家資格)として、著作権の保護及び活用について、適切なアドバイスを行います。
文化庁に登録した“著作権相談員”でもあります。

お客様の声
安心して事業を始められるようになりました
柚寛也様 石川県
知人の紹介で、この事務所を知りました。 新規事業立ち上げに際し、著作権・特許権・商標権について、相談したところ、不明点がすっきりし、安心して事業を始められるようになりました。
誠実な印象で、信頼できました
古岡めぐみ様 富山県
分かりやすい例え、的確な答えで、確認したいことが明確になったこと。 また、誠実な印象で、信頼できました。 専門用語も、分かりやすい例えで教えてくださったのがよかったです。 これからも応援しています。

【基本料金】※消費税は別途申し受けます。

広報法務顧問 10,000円~
広報法務相談 3,000円~
著作権登録 30,000円~
著作権契約書 30,000円~
著作物利用規約 30,000円~
※実際には、依頼者様の状況に応じて、最適なプランを提示いたします。
著作権に困ったら、まずはご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0766-54-5341 受付時間 月~金 9:00~18:00
(時間外でも対応いたします。まずはご連絡ください)

PAGETOP
Copyright © 2018 ひばり行政書士事務所 All Rights Reserved.