ブログ

「死後事務委任契約」を結ぶ場合とは?

最近よく聞く「終活」の流行は、自分の終末、すなわち死をどのように迎えるか、自分自身で決めておきたい、という気持ちの現れでしょう。   そのために、「遺言」や「任意後見」の制度を使って、家族もしくは特定の身寄りの …

PAGETOP
Copyright © 2018 ひばり行政書士事務所 All Rights Reserved.